スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
毎日の献立
膵炎食の夫の毎日の献立は

朝・・・白米、味噌汁、卵か納豆(1日交代)
昼・・・たんぱく質は、お肉 80g
夜・・・たんぱく質は、白身魚 1切れ

これを基本としています。
退院後、病院の膵炎食を参考にしつつ、このスタイルに落ち着きました。

ポイントとしては、

①パンよりも、消化のいいゴハンを主食に

何よりも消化のよさを、ポイントにしています。
退院以来、1年間は、ずっとゴハン食にしてきました。
たまに、外食でうどんを食べるくらいで、それ以外は、かたくなにゴハンというスタイルを維持してきました。

②お肉はお昼にたべる

たんぱく源として、肉類も必要です。でも、なんとなく、夜に食べると、消化に負担がかかるような気がして・・・夫の場合は、昼食に肉を食べるようにしてます。これだと、少々食べ過ぎても、動いて消費ができるかなと。

③肉・魚と同量以上の野菜を

これは、結構、重要視してます。
肉・魚の取りすぎは、体の中のバランスが崩れてしまうそうです。
膵炎治療で絶食をした体には、なおさら、バランスよく食べることが重要だとアドバイスをうけました。

④卵は1日おきに

卵は毎日食べてもいいものなのか・・・?色々な健康本も読みましたが、諸説あり、結局、よくわかりませんでした。栄養士の話では、黄身はカロリーが高めだけど、白身はヘルシーで栄養分も高いとのこと。かといって、白身だけ食べるのも、使いにくいし・・・。
結局、卵と納豆を1日おきにしてます。

これを、基本にしておくと、たんぱく質をとりすぎることも、とらなさすぎることもなくて、便利です。外食をして、たんぱく質をとりすぎたら、夜に減らして、野菜を多くするなどして、1日単位、または2日単位で、調整するようにしてます。
スポンサーサイト
【 2008/02/26 15:27 】

食事内容のルール |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。