スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
膵炎でもパスタ
膵炎でも、たまには、パスタが食べたい~、ということで、今日のお昼は和風パスタに。

キャベツ・人参・しいたけ・タマネギをフライパン(うす~く油をひいて)で炒め、ゆであがったパスタをからめたら、醤油・みりん・砂糖で味付けです。

パスタのゆで汁を少し加えて、味を調整し、最後に、かつおぶしをふりかけました。

食べに行くと、にんにく(膵炎には厳禁)とオリーブオイルが、多めに使われてますが、家でつくると、調節できるので、いいですね。

トマトピューレを使うと、トマト味でもできそうだし、パスタというのもありだなと、思いつつ、おいしく頂きました。


膵炎でもパスタ

スポンサーサイト

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/29 12:44 】

今日のごはん |
食事制限と旅行
食事制限があっても、旅行にはいきたい!ということで、春の一泊旅行へいってきました太陽

夫が膵炎直後だった去年でも、2回いきました。

で、困るのは、食事です汗;

ビジネスホテルに泊まり、うどんで済ますとかではなく、ちゃんと旅館で、ゆっくり食事も楽しみたい・・・。そうなると、たいてい、豪華なお食事がついてきます。仕方なく、宿を選ぶ基準は、質のいいバイキング料理かどうか、ということになるのですが。

去年は、なんとか、お刺身バイキングなんかのあるいい旅館がみつかって(海辺だったので)、さほど食事制限のペースをみださずに、済みました。それでも、食べ過ぎたりして、少々はハメをはずすことになりますが、たまにはいいことにしてます。

そして、今回は、和食のコース料理にしたのですが、これが、正解でした!Brilliant

バイキング料理もあったのですが、内容が主にイタリアンで、脂っこいものばかり・・。この中から、ヘルシーなものを選ぶというのも酷な話なので、それならばと、和食コースにしたのです。

お品書きには天ぷらもあるし、大丈夫かな・・と心配したのですが、「いろんな食材を少しずつ」というコンセプトだったようで、天麩羅もほんの一口サイズ。

病状がおちついてる夫にはちょうどいい分量・内容でした。

普通の人と同じように楽しめるのが、うれしいもんですねにっこり

でも旅行中、どうしても、野菜不足にはなったので、今日は野菜を多めにとって、旅行で楽しんだ分を調整しようと思ってます。

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/27 09:50 】

外食 |
膵炎後に効く・お肉料理??
膵炎後でも、夫は、肉も食べると、以前にも書きましたが、普段は、豚肉をよく食べてます。

たまに、牛肉で力をつけ・・・、たまには、鶏肉も。

鍼灸医からのアドバイスでは、鶏肉は、「体を温める作用」があるので、膵臓が炎症をおこしたあとの体には、熱をもつ鶏肉は、あまりよくないとのことでした。なので、鶏肉は、たまに、です。

一方、食べるといいと教えてもらったのが、「ラム肉」でした。
ラム肉は、「発汗作用がある」のだそうです。食べるなら、春以降でしょうか。

でも、去年は、まだ、消化機能も、本調子ではない気がしたので、結局、ラム肉は食べずに終わりました。

今年は、だいぶ、落ち着いてきたので、試してみてもよさそうかも・・・、と、思っています。
が、なんとなく、怖いので・・・、慎重にやってみたいと思います。

まだ、試したわけではないので、本当にいいのかどうかはわかりませんが、食べてみて問題なさそうだったら、またご報告します。

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/24 17:36 】

膵炎食の作り方 |
湯豆腐
昨日の夜は、湯豆腐でした。
これと、カツオのお刺身と。

休日は、料理をつくるパワーも少々、ダウン気味で、手を抜きたくなってしまいます。

そして、つい、「食べに行く?」という、夫(膵炎患者本人なのに・・・汗;)の誘惑にも負けそうになってしまいます。

でも、外食は、ほんとに、必要な時&しんどい時のためにおいといて、がんばって作るようにしてます。

そのために、金曜日のうちに、週末のメニューをある程度、決めておいて、下ごしらえをしておくようにしてます。簡単なことなんですが、これをやるかやらないかで、ずいぶん、楽さ加減が違ってくるんです。

そんな感じで、今日も、今から、週末のメニューを考える予定です。


湯豆腐

【 2008/03/21 10:36 】

今日のごはん |
外食の苦労
退院後、まず、困った事は、「外食」でした。

糖尿病など、食事制限のある方は、同じ悩みだと思います。

それでも、糖尿病食レストランや、糖尿病用の宅配とかは、聞いたことがあるのですが、膵炎って・・・、ないんですよね、そういうのが。マイナーな病気なんでしょうか。

油がダメなので、糖尿病食とは、ちょっと違うんですよね・・。あと、退院直後は、消化のよさもポイントだし。でも、膵炎食は、糖尿病の方には、食べれる内容だと、思うのですが。

まず、退院直後は、できるだけ外食は避けて、お昼を食べてから出かけたり、さらには、お弁当をもって行って、駐車場に車を止めてこそこそと食べたりと、そんなことまでしてました。

正直、外食の楽しみがないのはつらかったです。でも、「外食の添加物や、粗末な食材を口にしないように」と、鍼灸医からアドバイスをうけていたので、当初は必死でした。

でも、そのうち、そうもいってられず、外食するなら、「うどん」「親子丼」が、定番に。ちゃんとだしをとって、こだわってそうな、お店を選んでいくようにしてます。

病状が落ち着いていくにつれて、「定食屋」も、レパートリーに加わってきました。

でも、ここで気をつけなくてはいけないのは、一見、油を使ってなさそうな煮物でも、油で炒めていたりすることがあるのです。

料理が得意でない夫は、そんなこと気にせず食べるので、最初は注意していたのですが・・・、そのうち、それくらいの、おおらかさも必要なのかなと、楽観的な夫の考え方に流されてしまいました。

毎日外食してるわけじゃないし、家ではまじめに膵炎食なので、ま、ハメをはずさなければ、いいか、ぐらいでやってきてます。

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/19 17:21 】

外食 |
今日のお弁当
春らしい陽気になってきましたね。

毎日、どんなおかずにしようか悩みますが、自分の中ではパターンができてきてるようで、意外とすんなり決まったりもします。

肉巻きロールは、前日から、お肉をまかないといけないので、一応、手間のかかる一品なのですが、その分、おいしいかなと、勝手に思ってます。

今日は、さつまいもと、にんじんを巻いてます。いも類は、カロリー高めなので、退院直後は、とりすぎに注意と言われましたが、ボリュームをだすために、つい使ってしまいます。

・ゆでキャベツ
・豚肉ロール(さつまいも・人参)
・きんぴらごぼう
・リンゴ


お弁当

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/18 10:52 】

毎日のお弁当 |
けんちん汁
油で炒めずに、煮ただけですが、干ししいたけが、うまみを十分だしてくれてて、薄味ながらもおいしくできました。

こういう、ヘルシー・おいしぃ、というのが、膵炎食には、ありがたいメニューになります。

キノコ類は、繊維質で消化がよくないとのことで、退院後1年間は使ってませんでしたが、最近は、栄養バランスも考えて、たまに使ってます。

特に、最近は、しっかり味をだしてくれる、干ししいたけのおいしさに、すっかり、はまってますBrilliant
戻して使うのが、めんどくさくて、つい、使いそびれますが、薄味でおいしくするには、おすすめ食材です。

(けんちん汁)
材料(4人分)・・・とうふ1丁(300g)、大根100g、人参40g、干ししいたけ3個、三つ葉 適量
          だし 3カップ、しいたけの戻し汁 2分の1カップ、
          酒 大2、醤油 大1、塩 少々

①とうふは、水切りしておく。ふきんでしぼって、水気をきる。

②大根、人参は、皮をむいて、短冊きりにする。

③干ししいたけは、もどしておく。軸は切り落とし、5mm幅に切る。戻し汁も、使うので、こしておく。

④鍋に、だし、しいたけの戻し汁、大根、人参、しいたけをいれて、火にかける

⑤野菜がやわらかくなったら、豆腐を、ほぐしながら入れる

⑥あくをとりながら、10分ほど煮る。味付けする。

⑦器に盛り、三つ葉をちらす。

けんちん汁

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/14 10:31 】

今日のごはん |
今日のお弁当
今日は、春らしいお弁当に。

豆ご飯です。豆ご飯は、もち米ではないので、膵炎食でも安心して食べられます。

そして、菜の花の白和えも、作ってみました。菜の花なんて、去年は使うことはなかったですが、最近は、こういう食材も使えるようになったので、幅が広がります。

ほんとは、「からしあえ」にしたら、おいしいだろうなと思うのですが、「からし」が、なんとなくひっかかるので、ヘルシーに白和えにしました。

・牛肉とたまねぎの牛丼風味付け
・煮物(さといも・にんじん・干ししいたけ・大根)
・菜の花の白和え
・リンゴのコンポート



お弁当

【 2008/03/13 16:15 】

毎日のお弁当 |
大根の白煮
こないだ、「はなまるマーケット」の「塩使い」の特集で、紹介してた料理です。

醤油を使わず、「塩・みりん・砂糖」だけで、味付けしてます。

それだけで味がつくのか??
半信半疑ながら、レシピどおりにちゃんと作ってみたところ・・・、なんともいえぬ、和の味!

料亭の味のような、上品ながらも、ちゃんと味があるものになりました。

へぇ~、って感じです。新しい発見になりました。

いつも醤油を使った味付けなるのが気になってたので、これはかなり、使えそうです。

ほかの食材でも応用できるそうなので、また作ってみたいと思います。

大根の白煮

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/12 19:42 】

今日のごはん |
今日のお弁当
今日は、無添加のトマトピューレをつかって、ケチャップ風の味付けに。

無添加のトマトピューレに砂糖少々で味付けするだけで、手作りのケチャップになります。

なにかと、添加物の気になる病後の体なので、市販のケチャップは私専用で、夫には、こんな風にしてます。それに、ケチャップの塩分や糖分も気になるので。

それでも、最初は、ほんとに少量のトマトピューレから始めたのですが、どうやら、大丈夫そうなので、たまには、こんな風に、豚肉のケチャップ味なども、楽しんでます。

・小松菜のおひたし
・豚肉とタマネギのケチャップ味
・さつまいもをフライパンで蒸したもの
・リンゴのコンポート



お弁当

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/11 10:00 】

毎日のお弁当 |
お昼はお寿司だったので・・・
日曜日は、退院以来初の、お寿司を楽しんできましたBrilliant.

退院以来、外食といえば、「うどん」か「親子丼」くらい。

それでも、会社のつきあいや、出張で、どうしても、外食になることがあるので、週末は、できるだけ、外食にならないように・・、でかける時は、家で、お昼を食べてから、という風にしてきました。

とはいえ、たまの気分転換も必要です。
ストレスをためるのもよくないし・・ということで、二人とも好きなお寿司にいってきました。

退院直後は、酢飯の「酢」と「砂糖」がダメなので、寿司も厳禁!でしたが、1年たって、食べれるようになるとは・・・うれしい限りです。

二人でお寿司にくるのは、退院後初、なのですが、夫の外食のレパートリーには、既に、お寿司が入っていたようで(?)・・・、感慨にひたる私をよそに、いつものように、食べてたのが気になりましたが。。汗;

その分、夕食は、野菜をいっぱい食べるように、野菜スープや、おひたしや、余りものの煮物やらで、一日のバランスをとってみました。


おかず色々

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/10 11:29 】

毎日のお弁当 |
今日のお弁当
今日は、残業をするとのことなので、お弁当は2個です。

1個のお弁当には、いつもおかずを、3種類くらい入れてるので、6種類分のおかずを、昨日のうちに、ほとんど用意しておいて、朝はそれは、最終仕上げするといった感じです。

少ない膵炎食レパートリーの中から、なんのおかずにしようか、いつも、迷いながらも、なんとかやってます。つい、醤油・味噌味ばかりなのですが、意外と、飽きないようです。日本食ってスバラシイ、ですねBrilliant.

なので、いつも、次の日の予定をまめに連絡してもらう様にしてます。

幸い、夫の会社には、冷蔵庫があるそうなので、夜のお弁当はそこで保管して、レンジでチンして、食べてるようです。ありがたい環境ですよね。。


(昼のお弁当) 写真下
・豚肉の野菜炒め
・じゃがいもの煮物
・春菊のおひたし
・リンゴのコンポート

(夜のお弁当) 写真上
・ブロッコリーとにんじんの味噌ダレあえ
・かぼちゃとタマネギの煮付け
・さわらの塩焼き
・リンゴのコンポート
*これと、おにぎり2個です。


お弁当

【 2008/03/06 10:45 】

毎日のお弁当 |
お肉の調理法~膵炎食~
夫はお肉も食べます。
お肉を食べると痛みがある人もいるそうですが、夫の場合は、肉を食べても大丈夫なようです。

入院中は、ささみばかりでしたが、会社に復帰してからは、牛も豚も鶏も食べ始めました。もちろん、ヒレやモモなどの脂身の少ない箇所を選んでます。

さらに!それを脂を落として食べてるんです・・・。例えば、

  ①フライパンで炒める
  ②ある程度、火が通ったら、水をいれ、沸騰させる
  ③お湯をすてて、アクや脂を落す
  ④味付けして仕上げる

という感じです。
もちろん、おいしい肉汁が流れていってしまって、若干パサっとしてしまいますが・・・、そこは仕方ない・・・としてます。

これが効果があるのかどうか、わかりませんが、とりあえず、今でも続けてます。

ミンチ肉の場合は、市販品は、脂身が多いので、ヒレやモモのかたまり肉を買ってきて、フードプロセッサーでまとめてミンチにしおいて、小分けにして冷凍保存しています。

このために、退院後すぐに買ったのが、フードプロセッサーでした。
なにかと、お金を使いますね、病気になると・・。スーツも全部買い換えたし・・・汗;

ミンチにした方が、消化にやさしい様な気がして、必死でミンチにしてたのが、今となっては懐かしいです。とりあえず、順調に治ったので、やりがいはあったかなと、自己満足してます。
【 2008/03/05 10:09 】

膵炎食の作り方 |
リンゴのコンポート
常備デザートとして、いつも作ってるのが、このリンゴのコンポートですBrilliant
入院中は、毎食、缶詰のフルーツ(みかんや桃)が一口、デザートとして添えられていました。

退院後も同じように、スーパーで買った缶詰のフルーツをだしてたのですが、缶詰には合成甘味料や保存料が入ってるし・・・。入院中、添加物に関する警告本などもよみあさっていたので、退院後の食事は、無添加をめざそうと思っていたのです。

栄養士さんの指導に、果物は、まずは、コンポートなどから始めてみるようにとあったので(消化にいいという意味で)、それでこの、リンゴのコンポートを作ったのが始まりです。

正しいコンポートの作り方がわからなかったので、全くの我流ですが・・・、うちではいつも簡単にこんな風につくってます。

(リンゴのコンポート)
材料・・・りんご2個、砂糖 大2

①りんごは、5mm幅くらいに切る
②テフロン加工のフライパンに入れ、水50ccくらいをふりかけたら、ふたをして、蒸し煮する(中火)
②5分ほどしたら、弱火で5分
③りんごが柔らかくなったら、砂糖大2 を振り掛ける。

*熱いうちは、砂糖をかけても甘く感じませんが、さめると甘みがでてくるので、砂糖のかけすぎにはご注意を。





いつも、この分量でつくって、お弁当のデザートに入れたり、お腹がすいた時にちょっと食べたり。
普通は、これにバターを入れたりするんですよね。
でも、砂糖少々だけでも、りんごの甘みが十分あって、おいしいんですBrilliant

絶食で、痩せた体には、負担のない程度に、適度な糖分の補給も大切。でも、砂糖の取りすぎは、膵臓に負担がかかる・・。このバランスのとり方が難しかったですが、夫の場合は、こういう形で、糖分を取りながら回復していきましたピース
【 2008/03/04 10:41 】

今日のごはん |
カボチャ入りミネストローネ
こないだ、「はなまるマーケット」で、ダシ(ブイヨン)を使わず、野菜のうまみで作る、ミネストローネを紹介していました。

ブイヨン不要なんて、なんてヘルシィ!と思い、さっそく、作ってみました。

番組では、トマトを使ってたのですが、冷蔵庫になかったので、無添加のトマトピューレを使い、シイタケの代わりに、シメジを使い、私の好みで、カボチャ大目になってしまいました。

でも、ほんとに、ダシいらずで、十分おいしくできたんです!

圧力鍋をつかったので、野菜のうまみがひき出されて、さらによかったのかも。

次回は、レシピどおりの食材を使って、膵炎食用ミネストローネを作ってみます
キラキラ




【 2008/03/03 11:47 】

今日のごはん |
通院日
昨日は、2ヶ月ぶりの通院日でした

年末年始、仕事上の付き合いで、どうしても外食回数が増え、かなり気がゆるんでいた夫は、油モノも、少々(かなり?)とっていたようなので、さすがに一度注意しましたが・・・、そんな日々を経て、今回の数値がどうなってるか、心配していたものの、すべて正常範囲内でした。

たぶん、途中で気をひきしめなおしたのがよかったのだと私は思うのですが。

どうも、本人には、変な確信があるようです。これくらいなら、食べても大丈夫だというラインが。

ここ半年以上、正常値を維持できているということで、今回から薬もなくなったそうです。

薬なしでも、数値が安定して、油モノもOKとなる日まで・・・

すぐ油断する本人をはらはらしながら見守る日々が続きそうです。
【 2008/03/02 09:17 】

病歴 |
おすすめ調理器具②
ディナーパンとセットで購入した、「活力鍋」も、膵炎食を作るのに、かなり役立ってくれてます。

油が使えないとなると、和食・煮物系をほぼ毎日作ることになるのですが、この活力鍋を使うと、簡単に、しかも、確実においしく作れるんです。たとえば・・・

    ①鍋に野菜を入れ、火にかける
    ②沸騰して、1分したら火を止める
    ③圧力がさがるまでまち、味付けしたら、ほおっておく

これだけなんですコンロを煮物のために占領したり、火加減を気にすることなく、ほおっておけるので、その間、他のことができます。

それに、気楽に作れるというか、「すぐできる」感があるので、作るのがめんどくさいなぁと思う時でも、ちゃちゃっとやってしまおうという気にさせてくれます。

さらに、野菜の水分を引き出してくれるので、野菜スープもこれでつくると全然味がちがってて、うす味の膵炎食には助かります。

と、宣伝文句ばかりになりましたが・・・、うちでは、それくらい重宝してます。

ちょっと高い買い物(フライパン&活力鍋)でしたが、便利に簡単に、膵炎食を続けるためには、こういった調理器具を使って、うまく自分のやる気を持続させるのも必要だなぁと、思いました。
【 2008/03/01 09:50 】

膵炎食の作り方 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。