スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
腹八分目におさえ、食べ過ぎない
病院からは、暴飲暴食は抑えるようにとの指示でしたが、暴飲暴食でなくても、つい食べ過ぎてしまうことはよくありますが、膵炎患者の場合は、そのちょっとした食べすぎがよくない様です。

入院当初から、全く自覚症状がなく、退院後も一切何の痛みもない夫は、食欲満々、たくさん食べたくて仕方ありません。会社に復帰してからは、お腹がすくといって、私の制止をふりきり、ごはんをおかわりすることもしばしば・・・。本人には、早く体重を元に戻して、体力を回復したいという焦りもあった様ですが、私からみると、まだ治っていないのに、明らかに食べ過ぎていました。

そして、その代償は、便秘となってあらわれるのでした・・・。「食べ過ぎても、きちんと便がでていれば大丈夫」というアドバイスを受けていたのです。便秘になるのは、食べたものが多くて、きちんと消化されていない証拠とのこと。

以前から便秘ぎみだった夫は、入院治療により、毎日快便になっていたのです。それがまた、元に戻りつつあることに危機を感じた夫は、体調ノートをつけ始め、そうして、ようやく、自分で食べる量の調整ができるようになっていきました。「食べ過ぎた翌日は調整する」という、簡単ながらもできなかったことが、できるようになっていったのです。今では、私が止めなくても、自ら残すこともあるくらいで、安心して見守っています。。。。
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2007/12/01 21:48 】

食べ方のルール |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。