スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
早ね早起きをし、8時間睡眠を確保する
よく言われることですが、午後10時から午前2時の間は、質の高い睡眠が得られ、体の回復が行なわれます。この時間帯には寝て、8時間睡眠を確保することが、膵臓の修復にもつながります。

病院では、9時に寝て、6時に起床。8時に朝食。どこでもよく眠れる夫は、入院中もとてもよく寝ていました。治るかどうかの不安はありながらも、基本的には楽天家なので、眠れない夜はなかったようです。

膵臓を強くするポイントは、毎日の生活リズムを一定にすることだそうです。究極的には、起床・食事・生活の時間(会社へ行く、仕事を終える・・・)を一定にすること。完璧に実践するのは難しいですが、それでも退院後しばらくは、入院中と同じ時間に起床・食事するようにしました。

会社に復帰してからは、寝るのが23時前になることもありますし、夕食の時間のずれはどうしてもでてきましたが、それでも、8時間睡眠は、確保するようにしていました。(1年間は)

1年たち、現在では、8時間睡眠ではなく、7時間くらいになってます。だいぶ、体に、体力など、いろんな貯金ができてきたような感じです。。
スポンサーサイト
【 2008/02/25 16:07 】

生活のルール |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。