スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
膵炎後に効く・お肉料理??
膵炎後でも、夫は、肉も食べると、以前にも書きましたが、普段は、豚肉をよく食べてます。

たまに、牛肉で力をつけ・・・、たまには、鶏肉も。

鍼灸医からのアドバイスでは、鶏肉は、「体を温める作用」があるので、膵臓が炎症をおこしたあとの体には、熱をもつ鶏肉は、あまりよくないとのことでした。なので、鶏肉は、たまに、です。

一方、食べるといいと教えてもらったのが、「ラム肉」でした。
ラム肉は、「発汗作用がある」のだそうです。食べるなら、春以降でしょうか。

でも、去年は、まだ、消化機能も、本調子ではない気がしたので、結局、ラム肉は食べずに終わりました。

今年は、だいぶ、落ち着いてきたので、試してみてもよさそうかも・・・、と、思っています。
が、なんとなく、怖いので・・・、慎重にやってみたいと思います。

まだ、試したわけではないので、本当にいいのかどうかはわかりませんが、食べてみて問題なさそうだったら、またご報告します。
スポンサーサイト

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【 2008/03/24 17:36 】

膵炎食の作り方 |
お肉の調理法~膵炎食~
夫はお肉も食べます。
お肉を食べると痛みがある人もいるそうですが、夫の場合は、肉を食べても大丈夫なようです。

入院中は、ささみばかりでしたが、会社に復帰してからは、牛も豚も鶏も食べ始めました。もちろん、ヒレやモモなどの脂身の少ない箇所を選んでます。

さらに!それを脂を落として食べてるんです・・・。例えば、

  ①フライパンで炒める
  ②ある程度、火が通ったら、水をいれ、沸騰させる
  ③お湯をすてて、アクや脂を落す
  ④味付けして仕上げる

という感じです。
もちろん、おいしい肉汁が流れていってしまって、若干パサっとしてしまいますが・・・、そこは仕方ない・・・としてます。

これが効果があるのかどうか、わかりませんが、とりあえず、今でも続けてます。

ミンチ肉の場合は、市販品は、脂身が多いので、ヒレやモモのかたまり肉を買ってきて、フードプロセッサーでまとめてミンチにしおいて、小分けにして冷凍保存しています。

このために、退院後すぐに買ったのが、フードプロセッサーでした。
なにかと、お金を使いますね、病気になると・・。スーツも全部買い換えたし・・・汗;

ミンチにした方が、消化にやさしい様な気がして、必死でミンチにしてたのが、今となっては懐かしいです。とりあえず、順調に治ったので、やりがいはあったかなと、自己満足してます。
【 2008/03/05 10:09 】

膵炎食の作り方 |
おすすめ調理器具②
ディナーパンとセットで購入した、「活力鍋」も、膵炎食を作るのに、かなり役立ってくれてます。

油が使えないとなると、和食・煮物系をほぼ毎日作ることになるのですが、この活力鍋を使うと、簡単に、しかも、確実においしく作れるんです。たとえば・・・

    ①鍋に野菜を入れ、火にかける
    ②沸騰して、1分したら火を止める
    ③圧力がさがるまでまち、味付けしたら、ほおっておく

これだけなんですコンロを煮物のために占領したり、火加減を気にすることなく、ほおっておけるので、その間、他のことができます。

それに、気楽に作れるというか、「すぐできる」感があるので、作るのがめんどくさいなぁと思う時でも、ちゃちゃっとやってしまおうという気にさせてくれます。

さらに、野菜の水分を引き出してくれるので、野菜スープもこれでつくると全然味がちがってて、うす味の膵炎食には助かります。

と、宣伝文句ばかりになりましたが・・・、うちでは、それくらい重宝してます。

ちょっと高い買い物(フライパン&活力鍋)でしたが、便利に簡単に、膵炎食を続けるためには、こういった調理器具を使って、うまく自分のやる気を持続させるのも必要だなぁと、思いました。
【 2008/03/01 09:50 】

膵炎食の作り方 |
おすすめ調理器具①
膵炎食を作るのに必需品は、なんと言ってもテフロン加工のフライパンです。

でも、テフロン加工のフライパンにも限度があります。油を使わずに焼くと、どうしても、焦げるし、そのうち、黒いこげがういてきて・・。それでも、かたくなに、油を全くひかずに、使っていたのですが、限度を感じ、ついに、「油なしでも使えるフライパン」なるものを購入しました。。膵炎食生活10ヶ月目にしてのことでした。

買ってみると、もっと早く買えばよかった!キラキラの一言に尽きるくらい、重宝しています。
ちなみに、商品名は、アサヒ軽金属のディナーパンといいます。(ご存知でしょうか・・?)圧力鍋とセットで買って、結構なお値段でしたが、ほんとに、玉子焼きも油をひかなくても、つるりときれいにできてしまいます。

野菜のもつ水分を生かした調理ができるとのこと。うす味でも、すごくおいしくできるので、ありがたいです。

膵炎食のメニューにも正直ややマンネリ気味でしたが・・、これで作れる範囲が広がり、やる気がでてきました。ちなみに、油なしでもOKとはいえ、やはり油をうすくひいた方が長持ちするそうなので、病状の落ち着いている最近は、うすく油をひいて使ってます。
【 2008/02/29 11:13 】

膵炎食の作り方 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。